2022年、あけましておめでとうございます。どんな、お正月をお過ごしでしょうか?

帰省で家族や親戚が集まる機会が多かった、暴飲暴食してしまった、生活リズムが乱れた、子どもの癇癪が多くなったと感じている方に、お年玉プレゼントをご用意しました!

鍼灸師歴16年目を迎えます。

今年は、リアルのお茶会やイベント、人と繋がる会を大事にしたいなと思っています。

昨年から始めた「オンラインサロンまさこの栄養の部屋」や「6カ月間学ぶ育てにくい子とママのからだケア動画講座」にもたくさんの方がご参加くださりました。

引き続き、内容の濃い、みなさんのお役に立てわかりやすい講座開催に精進してまいる所存でございます。

また、新しい講座も作成しておりますので、楽しみしていてくださいね。

分子栄養学と東洋医学は似ている

私が、分子栄養学と出会ったきっかけは、なんとなく見ていたSNSでのことでした。

「子どもの症状は、子どもだけケアしてもよくならない、ママのケアをしていくことで子どもの症状が良くなる」という言葉の力に目を引かれ、講座を受講。

そこは、「分子栄養学の世界」でした。

「分子栄養学」というものを学び始めて、分子栄養学に魅了されました。

分子栄養学って東洋医学と似てる!

そう感じたのが、もっとも、びっくりしたことです。(真逆だと思っていた)

栄養がないと心と体はできない

分子栄養学では、血液検査データから栄養の過不足がわかります。

いや、過不足だけではないですね。

その方の思考や口癖、
家が散らかっているか、
それとも整頓されているか、

また、
自分では気が付いていない
親子関係までもがわかるのです!

血液検査データを使わないともったいない!

健康だと思い込んでいた、ホントの健康がまだある

では、私自身の血液検査データはどうだったかというと…

栄養不足でした!

特にですね、幼少期から思春期の栄養状態は最悪だったですね。

つまり、未熟なからだでした。

そのことによって?(だから)お風呂上りのドライヤーが嫌いとか、お風呂に入るのが面倒とか、朝はコーヒーが欠かせませんでした!

つまり、これらは症状だったんです!

別にいいんですよ。

お風呂上りにドライヤーかけなくても、お風呂に入らなくても、毎朝コーヒー飲んでも、健康だと思い込んでいてもね

ただ、ただですよ!

私は、お風呂に入りたくない自分に対して
『なんて、だらしないんだろう』と感じていたし(しかも、無意識に)、栄養素が足りなくて(疲れているから)お風呂に入りたくないということには気づいていなかったんです。

ましてや、健康だと思い込んでいたけれど、健康とは言えないからだだったわけじゃないですか!

つまり、

「今で、健康なら、ホントの健康取り戻したら無敵じゃない?」って思ったんです!

もしも、このまま無意識に、自分を責めたいたらどうなるでしょうか?

カラダは動かなくなったり
病気になったり
子どもができたりできなかったりするはずですよね。

だって、
からだは、ありとあらゆる方法で、動けなくしようとしますから。

本物の健康とは自分を知ることから

初めて、血液検査データを読んでもらった時は『そうそう』『そうだった~!』ということばかりでした。

自分をもっと大事にしてあげよう!自分をもっと好きになろう!(無意識レベルで)私のからだごめん!って思いました。

ココロとカラダには栄養が必要です。

しかし、栄養だけではいけない。

つまり、栄養がないとココロとカラダは作れないけどココロとカラダをわからないと栄養は効かないんです。

そのためには、
栄養の基本的な知識はもちろん必要ですが、

それだけではなくて
「今の私のカラダに何が起こっているのか」
「あなたは、どうなりたいのか」
を知らなくてはならないのです。

ご自身の今のカラダを知って
どうすればなりたい自分になるのかを知ってください。

血液検査データ解析付き体験コンサル

年末にもご案内しておりました、
血液検査データ解析付き体験コンサルの募集を開始いたします。

新年のプレゼントとして
11000円のところ半額の5500円でのご提供です
※人数には定員がございます。

 

お申し込みはこちら

血液検査データを提出していただくのがベストですが、お手元にない方は、いくつかの問診と顔、からだ、舌の写真など提出していただく必要がありますのでよろしくお願いいたします。

最後に

ママのデータから、お子様の健康状態も推測できます。

お子様の発達が気になる方
発達障害のお子様をお持ちの方
発達グレーゾーンと言われた方は
是非、体験してみてください。

たくさんのママと子ども達の
未来が変わるきっかけとなれば幸いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP